薄毛治療の薬を海外経由で入手出来たので大幅なコストカットが出来ました

海外の安価な医薬品を個人輸入代行業者を経由し、入手出来る事を知らなかった私は、どれだけ無駄なお金を使っていたのかを考えると、悔やまれてなりません。
それは私が40歳を過ぎた頃、仕事のストレスから枕に細くて短い毛が尋常では無い程に、抜けて付着する様になった事に事に気が付きました。
祖父も白髪であり、私もきっと白髪になると信じていたのです。

白髪の方が格好が良いと思っていた私は、それから憂鬱な気分を過ごしていたのを、つい昨日の事の様に思い出す事が出来ます。
インターネットで調べてみると、概ね次のような事が掲載されていました。
髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、毛根から少しずつ伸び初めて成長期に入り太くてコシのある毛髪が出来、時を経ると抜け落ちて行くものです。
そしてまた少しずつ髪の毛が伸びて行き、多少の誤差はあれどヘアサイクルに従い新たな髪の毛が生えて来るのが、健康な髪を持っている証拠であると書かれていました。

私はお笑い芸人がやっている薄毛をテーマとした、AGA治療をやっているテレビ・コマーシャルを思い出しました。
早速、最寄りのAGA治療専門というクリニックの扉を叩くと、予想通り男性型脱毛症であると言われました。
医師は薬を服薬する様に勧められたのです。

その薬はプロペシアと言って、日本では男性型脱毛症のスタンダードとなる薬であり、基本的にはおよそ半年間毎日1mg錠を1錠飲み続けなければなりません。
抜け毛や薄毛を抑止する為には、続けて飲み続けなければならないという代物でありながら8000円から1万円程度の範疇で、しかも健康保険が適用されませんので全額自己負担です。

私は薄毛も嫌だけれども薬が高価な為に家計に負担が掛かり過ぎるので、悩んでいました。
そんなある時、職場に中途入社して来た男性社員の歓迎会を開く事になりました。

私は彼の髪の毛がフサフサしているので20代に見えましたが、私と同い年である事が判り驚嘆の声を上げてしまったのです。
私は同い年である事を理由にしてちょくちょく酒の席へと誘い、何か薄毛対策をしているのかをこっそりと聞いて見た事がありました。
彼はここだけの話という条件を付けて過去にAGAを経験し、国内の薬は高すぎるのでオオサカ堂を使い、海外から安価なサプリメントに準ずる薬を取り寄せたと言うのです。

私は海外から取り寄せると言ったら、語学が堪能で面倒な手続きを弁護士等に依頼して代行して貰わなければならないと考えていました。
彼は笑いながら日本語が出来て、インターネットに繋がるパソコンやスマートフォンの操作が出来れば、処方箋も不要で簡単に出来ると教えてくれたのです。

私は帰宅してパソコンで早速教えて貰ったサイトにアクセスすると、サプリメントも日本国内とは比較にならない程安く、、オオサカ堂で早速購入しました。
現在はのんでからそれ程日数は経っていませんが、結果が楽しみで堪りません。

私は、実体験から教えるとするならば、ノコギリヤシのサプリメントがお勧めです。