個人輸入の代行業者

ED対策として一般的に言われている医薬品は、バイアグラやシアリス、レビトラの3つが主流とされていて、ほかのものについてはいずれかのジェネリック医薬品である場合が殆どです。
それゆえに、自分なりに対策を立てるのであれば、この3つについてのメリットやデメリットを考えて行くのが大切です。
次に重要なことがやはり費用です。
ED治療薬は医薬品とは言っても保険証が適用されるわけでは無く、薬の費用自体が非常に高額になってしまいます。
それゆえに出来るだけ費用を抑えるために多くの方がジェネリック医薬品を使う場合が殆どです。
私もその一人ですが、その中でも最も使いやすかったのがシラグラです。

viagra7

シラグラはバイアグラのジェネリック医薬品となるのですが、シアリスやレビトラの方がメリットがあるように捉えられますが、副作用など考えると私はあまり馴染めませんでした。
特にシアリスは効果時間が40時間ほども続いたりと非常にメリットがあるのを言われるのですが、人によっては大小なりの副作用が続く時間もそのぐらいの時間続いてしまうという人もいます。
頭が痛いなどが40時間も続いてしまったら、パートナーとの性行為どころではないと思うからです。
私の時は流石に頭痛が40時間も続いたりはしなかったのですが、顔のほてりや鼻づまりのような何となくの不調感はありました。
また、バイアグラ系の持続効果は他のものと比べると短いとされていますが、それでも6時間程はきたいできます。
1回の性行為においては、そのくらいの時間を確保できれば自分にとっては充分と言えるからです。
40時間効果が続いているというのを自覚していると、変に意識して必要以上にパートナーと性行為を行うようになるのもどうかと思います。
後、1回飲んだら24時間以上間を空けなければならないというのはどのED治療薬でも一緒になるのですが、自分は仕事の関係上に2日連続でパートナーと性行為を行うことが無いので特に気になることはありませんでした。
そしてこれらをジェネリック医薬品ではない状態で対策を行うとバイアグラなどでは1ヶ月で3万前後の費用が掛かってしまいます。
所が、これをジェネリック医薬品にて対策を行うと、平均で1/4~/5の費用で済ますことができ、中でもシラグラであれば1/8ほどの価格にて手に入れることができました。
手に入れる際は日本の会社では作っていないものなので、海外の個人輸入に頼る形になります。
最近では、日本語に対応しているだけではなく、日本の薬剤師が検査を行った医薬品のみを扱っているサイトもあるので、きちんと探して経済的に対策を整える必要があります。
また、購入を行う際にも記載事項などがきちんと細かく記載されているのか、そして記載されている内容に自分は合致するのかをきちんと確認する必要があります。
相談するときも、医師によるジェネリック医薬品という事で相談に乗ってくれる医師も多数います。